弁護士に相談する

保険会社から慰謝料が含まれた示談金の提示があれば、その時点で一度、弁護士に相談することをおすすめします。交通事故を専門に担当している弁護士には、多くの事案に対処する知識も豊富にあります。事故の内容により、過去の交通事故の判例も調べますので、順当な慰謝料を算定することが可能です。

慰謝料を請求するのに時効があることをご存知でしょうか。交通事故が発生した日から、3年以内に慰謝料などの損害賠償請求をしなければ、どのような事故であっても、請求額が失われてしまいます。事故で受けたダメージがすぐに癒えることはありませんが、保険会社との交渉には、多くの書類提出に長引くやり取りが待っていますので、なるべく早めに話し合いをはじめるといいでしょう。

また、精神的なダメージから、誰かと交渉することが無理な面も多いと思います。この煩雑な手続きをスムーズに行ってくれるのが弁護士の仕事です。一日も早く慰謝料相談などへ足を運んでみてはいかがでしょう。弁護士に依頼する最大のメリットは、慰謝料の請求額が提示された額よりも倍増することでしょう。

300万円の提示額に対して、弁護士に頼んだことで、3倍の1000万円になるケースも多くあります。この金額を見ただけで、弁護士への相談や依頼をされることが一番いいと感じます。

《参考資料》交通事故被害者救済サイト

 

慰謝料が倍増する訳

それでは、なぜ弁護士に依頼するだけで慰謝料が跳ね上がるのでしょう。通常、車を購入したり、頻繁に運転するのであれば、自賠責保険に加入することが義務です。これは、必要最低限の保障になりますので、それにプラスする形で任意保険に加入します。

交通事故での慰謝料は、この2つの保険からまかなわれることが一般的です。しかし、これらの保障額については、とても低く大ケガして入院しているのに100万円を切った提示額である場合が多くあります。

この段階で納得できずに弁護士に相談するケースが後を絶ちません。なぜ、弁護士かというと、交通事故専門のスペシャリストなので問題解決する能力も高く、裁判基準で物事を考えられます。慰謝料請求額も「裁判基準」での請求となり、保険会社の提示額を過去の判例をもとに計算し直して、相手方の保険会社に再度、交渉する運びとなります

交渉の途中で、後遺症が残ってしまったり、仕事に復帰できない場合などにも柔軟に対応してくれます。重度の後遺症だと判明した人が弁護士を通じて、裁判基準での交渉を進めた結果、保険会社がはじめに提示した額のおよそ9倍の9000万円もの慰謝料が支払われた判例もあります。最後まで交渉はあきらめずに、弁護士との二人三脚で突き進むべきでしょう。

交通事故の慰謝料

交通事故は、不慮の事故だったと一言では片づけられないほど、いろいろな事が積み重なります。

ケガをして入院したり、後遺症が残り社会復帰が遅れてしまうこともあります。その間、学校も休学しなければならない場合もあれば、仕事を休まなくてはいけない方もいるでしょう。また、事故から数年経ってから、痛みが生じることも出てきます。今現在だけでなく、この先の未来のことも考える必要がある案件だと言えるでしょう。

それでは、交通事故における慰謝料について調べてみましょう。まず、日頃から車両を運転している人であれば、自賠責保険に必ず、加入しているはずです。それに保障を追加する形で、任意保険に加入している方が多いようです。この2つの保険から事故の内容や被害者、あるいは加害者に身体の支障をきたした方がいるかなど損害について調べて、書類などもあわせて報告します。

この時に事故現場では、警察が速やかに対処してくれますが、事故についての状況などについては、この先に待っている示談交渉に大きく左右することとなります。警察が記載した書類は、信頼性も高く、裁判へ発展した場合の状況証拠になりますので、正しく書いてもらうといいです。

さて、病院での治療をしている場合があります。まだ、完治していないことや、この先の症状で現れる恐れもあることなどを説明しましょう。保険会社に対して、気分を害してしまうのではないかなど考える必要もありません。書類などへのサインも、第三者の意見を聞いてからでも遅くないということを覚えておくといいです。